08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ruby Holler

2006
11/09
*Thu*
0060560150Ruby Holler (Joanna Cotler Books)
Sharon Creech
Trophy Pr 2004-01

by G-Tools
(総語数51,000語 YL5.0~6.0)

米国人初のカーネギー賞(The Carnegie Medal)を受賞したSharon Creechの作品です。

DallasとFloridaは男女の双子の孤児。
生まれて間もないころから施設に育ったが、施設を経営している夫婦から"Trouble Twins"といわれ、何度となく里子に出されては、そのたびにトラブルを起こして送り返されていた。
暴力や罰でおさえこもうとした大人に対して反抗心をもつ二人。
そんな二人に、新たな申し出が。
"Ruby Holler"と呼ばれる山あいの森にすむ老夫婦TillerとSairyから、夫婦別々の旅にひとりずつついてきてほしいというのだ。一時的にいっしょに生活するようになった二人。
だが、老夫婦に心が開けないまま旅の準備が始まる・・・。

物語の根底に流れている雰囲気がとっても不思議な感じがして、現代の話なのですが、どこか別の空間にいるような感じがしました。それが、この本にでてくる場所"Ruby Holler"の魅力なのかもしれないですね。
一度不信感や反抗心をもった人間はそうそうは変わることはできないけど、少しずつ少しずつ信頼を取り戻そうとしていく過程が丁寧に描かれていた気がします。
双子だけでなく、長年連れ添ってきたこの老夫婦の様子もすごく丁寧に描かれておりました。

Walk Two Moonsのようなミステリアスなどきどき感はありませんでしたが、じっくり読んでみたい作品でした。
語彙的には私はこちらの方が難しい感じがしました;;
Walk Two Moonsは時間軸をおさえていれば、なんとか読めそうな感じでしたが、こちらは行間を感じ取って読む・・・という感じがして、私が一番苦手なところです;;
きっと厳選された言葉が使われているのだろうなぁ・・と思いましたが、そこまで読み取ることはできず、残念です(;_;)

1章が短いのでその点はとても読みやすかったです!だけど、短い分、がらっと次の場面にうつることもあり、のめりこんだらまた次の場面・・・という感じで、YL5がやっとこさっとこの私としては、苦しい状態になったときもありました(^^;)
だけど、途中から、なぜだかどんどん続きが知りたくなって、読み進んでしまいました;;不思議な魅力がする本でした。
心のよりどころって何だろうって考えさせられた気がします。
消化不良の部分が多々あったので、少しもったいない感じがしました。他の人の感想もぜひぜひ聞いてみたい気がします。


ところで、この作品で、無事に250万語を通過しました!
自分としては、1年たたずしてこれだけ読んで、よく読んだな~という感じがします(^^;)
読みたい本は山のようにありますが、あいかわらず自分のレベルがおいついていない状態です(苦笑)
日に日に時間が貴重に思えてならないのですが、語数にとらわれず読みたいときに読める本を楽しく読んでいけたらいいな~と思います^^


総語数累計: 2,525,797語
スポンサーサイト

COMMENT

おめでとうございます♪
りあさん、こんばんは。
250万語おめでとうございますー♪ちょうど100万語違い!^^
ちょっと嬉しいです。
1年ちょっとというのに改めて驚き。250万語は大台ですねーvv
すごいです!

あらすじを読んだだけでも不思議なお話だなーと思いました。
童話っぽいですよね?何となく。
誰かに夜眠るときに傍で読んでほしいなあ(笑)
Sharon Creech読んだことないので、りあさんの記事を読むたびに
きゅんとします、胸が(笑)
難しそうなので、まだまだ先になりそうですけれどねー^^;
2006/11/09(木) 00:51:27 | URL | マリコ #- [Edit
おはようございます(*´∇`*)
250万語通過、おめでとうございます!
来春から職場復帰とのことなので、今の本を読める時間が貴重
ですね。りあさんが楽しく読んでいきたいと思っていることがいつ
の間にか語数を増やしているのだと思います。

りあさん、なかなか快調ですね♪この本も記事を読んでいたら
とても難しそうです。Walk Two Moonsを無理やり読んだ私には
読めそうもありません><難しい児童書よりお手軽なミステリ
PBに逃げています・・・。
他の人の感想、私も聞いてみたいです。
2006/11/09(木) 07:07:37 | URL | 雫 #7cFgV8.c [Edit
おめでとうございます♪
250万語通過おめでとうございます♪

Creechさん、いいですね。
ますます読みたくなりました。
本棚に色々と並んでいます。
いつになった読むことができるのか・・・謎ですhahaha^^;
2006/11/09(木) 08:14:38 | URL | すいかちゃん #- [Edit
おめでとうございます。
りあさん、250万語おめでとうございます。
読みたい本と、読めるレベルの本の違い。
私もしばらく、悩んでいたので分ります。

レベル5まで楽しめれば、読書の幅が出るのですが、
そこが辛いんですよね~。
私の場合は、無謀なキリン読みをして
理解度より満足度を優先していたように思います。

りあさんがあげている本も、面白そうですね♪
シャロン・クリーチは、あまり訳されていないので、
原書を読めるのは強みだと思います(笑)
2006/11/09(木) 08:14:39 | URL | 紗香(すずか) #HLrqDUJ6 [Edit
☆マリコさんへ
☆マリコさん、ありがとうございます!

マリコさんも学生さんをしながら多読・・・すごいペースですすんでいるので、いつもすごいなと思っておりました!停滞脱出から一気に150万語まできたという感じですよね^^
Sharon Creechさん、YL3の
「Pleasing the Ghost」
「Granny Torrelli Makes Soup」
など、おすすめですよ~♪
Granny~は、Creechのいいところをぎゅっと濃縮したような感じがしました^^素敵なおばあちゃんもでてくるし、ぜひ、読んでみてくださいね~
2006/11/09(木) 13:09:31 | URL | りあ #olKYQuew [Edit
☆雫さんへ
☆雫さん、ありがとうございました!

この本、難しかったです;;私でもストーリーはなんとかおえたのですが、奥深い部分は消化不良のところも多かったので、いろんな人の感想を聞いてみたいきがしました。

私は雫さんのように、ミステリーのPBが読めるようになるのが夢です~(;;)仕事で忙しくて疲れているときに、こんな児童書は読めないし読みたくないので、娯楽性の高いPBが早く読めるようになったらなーーっていつも思ってしまいます。。。(そしたら仕事をしながらでも、無理せず多読が続けていけるような気がするんですよね;;)何度か手にとりましたが、まだ私には早いようでした(^^;)また、いろいろとアドバイスしてくださいね~;;
2006/11/09(木) 13:17:07 | URL | りあ #olKYQuew [Edit
☆すいかちゃんへ
☆すいかちゃん、ありがとうございます!

Sharon Creechさん、奥が深いので、ジャストのレベルで読むのではなくて、上の方が手に届くようになってから読んだ方が楽しめると今回思いました(;;)
読めないのはもしかして英語力ではなくて国語力の問題かもしれないけど、気にしないようにします~(^^;)

なんどか手にとってたらある日ふっと分かった気がするときがあるので、そのときが読みごろかもしれないなーって最近思います!ぜひぜひすいかちゃんも手にとってみてくださいね♪
2006/11/09(木) 13:20:36 | URL | りあ #olKYQuew [Edit
☆紗香さんへ
☆紗香さん、ありがとうございました!

この本も邦訳がでているようでした。「ルビーの谷」という名前のようです。いろいろGoogleでみていたら、訳の評判があまりよくないようでした;;2人が妙に年齢の割に子どもっぽく感じたとか、途中マンガっぽく感じたとか・・・話し方が古めかしい感じがしたとか・・・(原書で読んだ私はそうは感じなかったのですが;;)
この根底に流れる雰囲気は、ぜひぜひ原書で読んだ方がダイレクトに伝わるような気がしました。
邦訳のレビューはネタバレがあったので、みない方が楽しめるのではないかと思いましたので、気をつけてくださいね^^
Walk Two Moonsが気に入られたら、ぜひぜひこちらも読んでみてくださいね~
2006/11/09(木) 13:30:03 | URL | りあ #olKYQuew [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

 りあ

Author: りあ
*3年生と年長の娘
ダンナさまの4人家族
*フルタイムで働く母です。

英語は大の苦手だったのですが、下の娘の育児休暇中に何気なく始めた多読にはまってしまい、現在に至ります。
超多忙な生活になったために、現在は、自由に好きなだけ本を読むことはできておりません;;
隙間時間の達人目指して、多読もブログも細々と続けられたらな~と思っております。

05.12/1 多読開始
06.3/23 50万語通過
06.6/21 100万語通過!
06.9/29 200万語通過
06.12/26 300万語通過
07.3/9  400万語通過
07.9/17 500万語通過
08.4/5 550万語通過
09.8/27 600万語通過
10.9/1 650万語通過

10.9/1現在 6,510,942語
(遅々たるものです;;)



Archive Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



Tree-Comment



最近のトラックバック



フリーエリア



フリーエリア



おすすめブログ

このサイトを登録 by BlogPeople



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



懸賞・小遣い ちょびリッチ





Copyright © ほんわか多読生活 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。