06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Walk Two Moons

2006
10/22
*Sun*
0064405176Walk Two Moons (Trophy Newbery)
Sharon Creech
Trophy Pr 1996-09

by G-Tools
(総語数50,209語 YL5.0~6.0)

Salamanca Tree Hiddle(Sal)は先住民の血をひく13歳の女の子。Kentucky州のBybanksからOhio州にうつり住んだのが1年前。
そんなSalが家をでたままもどってこないお母さんをさがしに、Ohio州からIdaho州までおじいちゃんおばあちゃんといっしょにアメリカ横断のドライブにでかけます。
道中、おじいちゃんおばあちゃんに話すのはOhio州で友達になったPhoebeのこと。彼女の身の上にも様々なことがおこります。
お母さんの誕生日までにIdaho州にいけたらお母さんをつれもどせるかもしれない。そう思って、Salは旅にでかけます。。。。

ついに、かねてからのあこがれ本、読了しました~!!
ここまでくるのに4ページくらい読んで、何度投げたことか(^^;)今までも何度か手にしましたが、その都度本棚におかえりいただいておりました。とにかく、冒頭が非常に読みにくいし分かりづらかったです。

だけど、とまと☆ままさんの記事paoさんの記事を読んで、頭の中を整理して、もう一度挑戦してみることにしました。
ぜったい押さえなければならないことは、3つの時間軸で物語がすすんでいること。

「ドライブ中におじいちゃんとおばあちゃんとともに起こった話。(現在)」
「ドライブ中、おじいちゃんおばあちゃんに話したOhioでの友人Phoebeにおこった話。(過去)」
「お母さんお父さんとともにKentuckyに住んでいたころの話(もっと過去)」

【主な登場人物】
Salと父と母(Chanhassen)
ロングドライブにでかけた父方の祖父母GramとGramps
友達Phoebe Winterbottomと父と母と姉Prudence
父と仲良くするMargaret CadaverとMargaretの母親Mrs.Partridge

これだけを最低おさえて、とにかくそれぞれの話の場所と時間さえ把握していれば、読めるような気が・・・。
Phoebeの身の上におこった話がすすむにつれ、どんどんひきこまれて読んでしまいました。1章が意外と短いのもよかったのかもしれないです。
ミステリーではないのですが、いったいどうなるのだろうと、本当に先が知りたくてページをめくる手がとまりませんでした。この辺は先日よんだDustbin Babyに通じるものがありました。(あの話も2つの時間がからみあっていました。)

だけど、ロングドライブ中でのおじいちゃんおばあちゃんとのエピソード。旅での出会い。ほんのり甘い初恋の話。アメリカの大自然などなどまだまだ把握しきれないことはたくさんありました。
だけど、この話を読み出してからこの本に没頭しきっている自分がいて本当に読みごたえがありました(*^_^*)何よりもあこがれ本を読むことができたのは大きいかもしれないです。
読了後もしばし呆然。新しい本を手にとる気力すらおこらない状態です。

Sharon Creechさん、今まで読んだ本は「しんみり」とか「ほんのりあったかい」って雰囲気が流れる話が多かったのですが、今回の話は、構成が複雑で随所に緊迫感もありました。だからこそ最後の最後まで目が離せませんでした。
最後まで読み切って、全く関係ないと思っていた全ての出来事がつながったときの感動はものすごく大きかったです。1つ1つの関係ないと思っていたエピソードも重要だったんですよね^^

ただ1つ残念だったのは、、、、あまりにも冒頭が難しくてついついいろんな方のブログやレビューを見てしまい、タドキストの方ではないのですが、その記事になんと、

結末の一部ネタバレ
があったこと(^^;;;)
がーーーーーーーん。。。。でした。
目にしてしまい即行で閉じましたがときすでにおそし。
ほんの一部でしたが、これを書いてはいけないよぉぉ(;_;)と、かなりショックでした;;
難しくても自力で読了すべきでした(涙)
普段は、読了後じっくりといろんなPageを検索したりAmazonのレビューを読んだりするんですが、今回ばかしはやられた~;;って感じになってしまいました。
そんな私でも充分このお話楽しむことができました。(あれは違う話だったに違いないと信じて読み切ったのもよかったのかも;;)
サブストーリーも複雑だし、よかったということにしましょう。(涙)

※追記※
(あわてて下書きのままアップしてしまったようなので・・・すみませんでした;;)
読了後いろいろなページを見ていたら、この話ぽろぽろっとネタバレしているページが多くありました。何の先入観もない方が楽しめると思いますので、ぜひぜひページを見る際はお気を付けくださいね~;;(←結構ショックから立ち直っていない私でした^^;)


総語数累計: 2,295,038語
スポンサーサイト

COMMENT

あせあせ
りあさん、こんばんは(*´∇`*)
思わず、自分の記事を確認してしまいました(笑)
ネタバレには気をつけているつもりですが、知らないあいだに・・・
なんてことになっていないか、今回良い機会を下さいました。
最初がやっぱり難しいですよね。
三つの時間軸を意識していれば物語りに入りやすいのかもしれませんが、私にはこの本を語る資格がないです~(・_・;)
2006/10/23(月) 01:14:49 | URL | 雫 #7cFgV8.c [Edit
オメデトウ ( ^ _ ^)∠☆PAN!ごさいます!
わぁ~\(^o^)/
りあさん、いよいよ読了ですね!
すごいなぁ(^v^)

私もこの本は
本棚で待機中。。。

結末を少し知ってしまうというのは
楽しみが少し減ってしまうから
ショックですね^^;
2006/10/23(月) 08:02:23 | URL | すいかちゃん #- [Edit
☆雫さん
☆雫さん、こんにちは!
ショックからまだ立ち直っていない私です;;
自分で想像したのならまだしも、全く頭になかったので、それを書いちゃおしまいですよね~~(涙)
このお話、Amazon.comでも☆1つの人から☆5つの人まで様々でした。こんなにはっきりとわかれるのもおもしろいな~っと。
私は結構だまされやすいタイプみたいなので、物語に入っていけましたが、そうでなく感情移入しにくかったら読むのがしんどかったと思います~;;
Sharon Creechさんの他の本も読んでどんな感じか研究してみたくなりました(^^)
2006/10/23(月) 12:04:13 | URL | りあ #olKYQuew [Edit
☆すいかちゃんへ
☆すいかちゃん、こんにちは!
この本、初めて届いたとき分厚いし字が小さいししかもYLが高いし「ぜったい読めるはずがないよ~」と思っていました。でも、本当に読めるようになるときがくるんですね。びっくりしました(@@)もちろん理解度はそんなに高くはありません;;だけど、多読初期のころ眺めていたときは本当にちんぷんかんぷんだったから、何書いているか少し分かるようになっていただけでもすごく進歩だなと思ってしまいました。
本当に語数が解決するもんなんですね~;;
この本はぜひぜひタドキストの皆さんのブログのみを参考にされて先入観なしで読んでみてくださいね♪私も何も知らずに読んでみたかったです;;
2006/10/23(月) 12:08:07 | URL | りあ #olKYQuew [Edit
面白そう♪
こんばんは、りあさん!

この本、初めて知りましたー!
世の中には名作ってたくさんあるんですねぇ。
50000語って確かに厚そうですよねー(;-;)
今までで一番長く読んだのって32000語くらいなので・・・・・・。

ネタバレってつらいですよね。
私も多読の時ではないのですが、本のレビューでネタバレを見てしまった
ことがあって悲しかった。
あと友達から結末を話されたこともあって。あのときは腹立ちましたー(笑)

2006/10/23(月) 21:20:57 | URL | マリコ #- [Edit
☆マリコさんへ
☆マリコさんこんばんは!

この作品は、ニューベリー賞受賞作品なので、ものすごく読みごたえがありました。Sharon Creechの代表作品とも言えるのではないかなーっと思います。それだけに、いつかは読んでみたい・・・と思っていたので読み切ることができただけで感動でした(;;)
5万語ありますが、ストーリーに入ってしまえば語数は気にならなくなるくらいすごかったです。(唯一ネタバレがいたかったですが・・・;;)
30万語くらいのときはじめてこの本みたんですが、この厚さにびっくりしてひいてしまいました(笑)それが何とか読み切れるようになるんだから、多読って本当にすごいですよね~^^
マリコさんも機会があったら手にとってみてくださいね♪
2006/10/23(月) 23:36:31 | URL | りあ #olKYQuew [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

Walk Two Moons (Trophy Newbery)Sharon Creech Trophy Pr 1996-09売り上げランキング : 12741おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-ToolsSharon Creech、1995年Newbery賞受賞作。YL5.0~6.0、総語数50279語。邦訳で読んだ事があった、この本。そのとき感動した事を覚え
2006/12/16(土) 20:40:45 | りんごの木の下で [Del


プロフィール

 りあ

Author: りあ
*3年生と年長の娘
ダンナさまの4人家族
*フルタイムで働く母です。

英語は大の苦手だったのですが、下の娘の育児休暇中に何気なく始めた多読にはまってしまい、現在に至ります。
超多忙な生活になったために、現在は、自由に好きなだけ本を読むことはできておりません;;
隙間時間の達人目指して、多読もブログも細々と続けられたらな~と思っております。

05.12/1 多読開始
06.3/23 50万語通過
06.6/21 100万語通過!
06.9/29 200万語通過
06.12/26 300万語通過
07.3/9  400万語通過
07.9/17 500万語通過
08.4/5 550万語通過
09.8/27 600万語通過
10.9/1 650万語通過

10.9/1現在 6,510,942語
(遅々たるものです;;)



Archive Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



Tree-Comment



最近のトラックバック



フリーエリア



フリーエリア



おすすめブログ

このサイトを登録 by BlogPeople



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



懸賞・小遣い ちょびリッチ





Copyright © ほんわか多読生活 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。