06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Boy Who Lost His Face

2006
09/03
*Sun*
0679886222The Boy Who Lost His Face
Louis Sachar
Random House Childrens Books (J) 1997-03

by G-Tools
(総語数39,273語 YL5?)

久々の普通の児童書です!
ずーーっとYL4あたりのYAではない普通の児童書が停滞していたので、ようやく読めました(;_;)
内容もさすがSacharという感じで、すっごーーーくよかった~~~ 
読後感も最高です(^^)

Davidは悪友Scott、Randy、Rogerにそそのかされ、子供たちが魔女と噂する老婦人Mrs.Bayfieldの家にいき、悪行に荷担して彼女の杖を盗んでしまいます。
それからDavidにおこることは不吉なことばかり・・・。
彼女にしたことが、まるで自分に跳ね返るように、次々にいろんなことが自分にふってかかります。
Mrs.Bayfieldは本当にDavidに呪いをかけたのか。それから逃れるにはどうしたらいいのか?


はじめ題名だけ読んだときは、ホラーかと思いましたが、全然違う話でした(笑)
中学生?の日常で、誰にでも一度は経験のあるような話ではないかなと思います。
前半は、自分の心の弱い部分にぐさぐさっとつきさすような感じでした。後半はさすが。ぐいぐいとストーリーにひっぱっていくところはすごいですね^^
子どもたちに伝えたいことを道徳的にいうのではなくて、こんなふうな話の流れで伝えていくところは、さすがSacharだなぁって思いました!!

でてくる友達も個性的だし、シリアスな中にもユーモアがあり、飽きずに読むことができました♪
最近女の子が主人公のYAの本ばかり読んでいたので、趣向がまた違っていておもしろかったです!!

YLはブックガイドではYL4.0~5.0、書評ではYL5.5となっていました。私的には、なじみにない言葉が多くて、YL4よりは難しく感じました。(勝手にYL5にいれております;;)「There's a Boy in the Girls' Bathroom」の方が読みやすかった気がします。
最初「flip off」が何のことかさっぱり分からず、途中になってこれがよくないことをさす言葉だとようやく分かりました。(^^;)これが最初から分かっていただけでも明瞭さがずいぶん違っていたのに~と思います。(Googleのイメージ検索がこのとき役立ちました。)これを知っていたらYL4だったかもしれないです(笑)


この勢いでHolesも読んでみたいけど・・・もう少し寝かせておきます。せっかくのSachar、とばしまくって読むのはもったいないような気もしますしね^^
これが読める日もそう遠くなければいいのになぁ・・・なんて思っています!!



総語数累計:1,692,090語
スポンサーサイト

COMMENT

きゃ~Sachar♪
あ~これこれ!私もこれ大好きです♪
友情あり、勇気あり、ちょっぴりドキドキロマンス(?)あり、とSacharの楽しさ満載ですよね。
確かに難しかったよなぁ。でもその分読み終えた時の達成感や充実感もひとしお!じゃありません?ムリかなぁと思いつつ、ついつい手が伸びてしまうというSacharMagicにハマった1人です(笑)
2006/09/04(月) 01:02:21 | URL | pao #- [Edit
★paoさんへ
paoさん、こんばんは!
この作品いいですよね♪たしか、paoさんの100万語通過本だったのではないですか??paoさんのブログ読んで、難しそうだったので今までねかせておいたのですが、それがよかったように思います。楽しく読めました!Sacharのいいところがぎゅっと濃縮された作品だった気がします。
There’s~もいいですが、こんなテイストの話も大好きです♪
Holesも音源とともに待機中です(笑)いつかぜったい読みたいのですけどね^^
2006/09/04(月) 15:04:58 | URL | りあ #olKYQuew [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

 りあ

Author: りあ
*3年生と年長の娘
ダンナさまの4人家族
*フルタイムで働く母です。

英語は大の苦手だったのですが、下の娘の育児休暇中に何気なく始めた多読にはまってしまい、現在に至ります。
超多忙な生活になったために、現在は、自由に好きなだけ本を読むことはできておりません;;
隙間時間の達人目指して、多読もブログも細々と続けられたらな~と思っております。

05.12/1 多読開始
06.3/23 50万語通過
06.6/21 100万語通過!
06.9/29 200万語通過
06.12/26 300万語通過
07.3/9  400万語通過
07.9/17 500万語通過
08.4/5 550万語通過
09.8/27 600万語通過
10.9/1 650万語通過

10.9/1現在 6,510,942語
(遅々たるものです;;)



Archive Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



Tree-Comment



最近のトラックバック



フリーエリア



フリーエリア



おすすめブログ

このサイトを登録 by BlogPeople



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



懸賞・小遣い ちょびリッチ





Copyright © ほんわか多読生活 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。