08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人のための多読入門

2008
09/05
*Fri*
Category:その他
4902091607大人のための英語多読入門
酒井 邦秀
コスモピア 2008-08-26

by G-Tools


まりあさんが書かれた本、購入しました!
内容紹介の欄に、
「50代からの人生を変えるための英語多読のすすめ。60歳から80歳までの20年で、自由に使える時間はざっと計算して7万時間。小学校から大学までの全科目の授業時間の3倍に相当します。この時間をどう使うか、まさに人生はセカンドステージのほうが大きく差がつくといえます。」
とありましたが、まさにそのとおりだな・・・と思ってしまいました。


この本の中にあったのですが、現在のプラチナエイジの方の中には、結婚即退職の風潮の中で、せっかく学んだ知識を宝のもちぐされにされている方々、一方、女性の社会進出が進んだ結果、子育てが終わるとお孫さんの世話を引き受けることになった方々・・・そして老親の介護にあたられる方々がおられる・・・とかかれてありましたが、うちの母にもあてはまる部分があるなぁと思ってしまいました。

うちの母は60代。介護は終わったのですが、今孫の世話のまっただ中。
趣味は特になく、話題といえば、健康ネタに芸能ネタに孫のネタ。
「旅行でも行ったらどう?」と声をかけるのですが、「腰が痛いからいけない。」と言われるし、「あんたは仕事仕事で帰ってこないし、孫の面倒があるからいけるわけないでしょう。」と言われるし・・・。
趣味は病院通いというくらい、毎日あちこち病院通いしている母。
「あちこち体にがたがきて、いたわりながら生きていかないといけない。」
とか
「もう孫のもりは限界だ。」
とかまだ60代なんだから・・というのにいつも後ろ向きなことばかり言われてしまうんですよね;;

とはいっても、結局子どもたちをみさせているのは私の責任なんですよね;;
二人の子どもたちを保育園にあずけてはいるのですが、延長保育をしても迎えにいける時間にかえってこれない私;;
子どもが病気になっても病院に連れても行けないし、子どもの行事ごとですら行けない状態。
祖父母の手をかりないと仕事ができなくなってしまって、ここまでして何で私は働いているんだろう・・・と自問自答の日々です。
もう少し、育児と両立できる仕事ならばいいのですが、異動になってしまってからは、仕事量も倍増しちゃって家の中は本当にひどい状態なんですよね(涙)
母が愚痴をこぼすのも無理ないというか、私がフルタイムで働いているばっかりに、親にまで迷惑をかけてしまって本当に申し訳ない思いでいっぱいの日々です;;

老眼で目が疲れると日本語読書もしないうちの母に、いきなり洋書多読を進めることは無理ですが、きっとこの本を読んで、プラチナ世代で、「人生かえてみよう」と思われる方も多いはずではないかと思ってしまいました。
多読は英語ができる人や若い人だけののものではないんだ!と元気をもらえそうです。


もちろん、これからやってみようかという多読入門書としても最適だと思いました^^
語数のカウントや本の探し方などとても具体的なので、分かりやすいと思います。
図書館の情報もたくさんありますし、ネットやブログでの情報など日々進化していることがこの1冊に分かりやすくまとめられている感じがしました。

また、おすすめの本も知らないシリーズがあって、ぜひ読んでみようかな~と思ってしまいました。
特にロマンス本の解説は、ほ~と思ってしまいました。
ヒストリカルロマンスを読みたくて、初心者本とよばれる本は買ってはいるのですが・・・まだ手つかず状態。ちょっと仕事が落ち着いたら土日に読んでみようかな~と思ってしまいました。

とにもかくにも読む気だけは満々の私ですが、自分の趣味で土日を費やしていたら子どもたちとかかわる時間が全くなくなってしまうんですよね。
子どもたちとしっかりかかわりながら、隙間時間を見つけて読書していこうかな~と思ってる今日この頃です。
スポンサーサイト

COMMENT

とっても同感!
りあさん、こんにちは。
私の実家の両親も同じです! 
私の良心は遠方に住んでいるのですが、仕事の都合や体調を崩して動けない時には、
家に来てもらって、手伝ってもらっています。でね、その母が、同じことを言います。
60代で、まだまだ色々なことが楽しめそう…と思うのですが、具合が悪いから~、
お金がないから~とか、孫のもりは限界だ、とか。気持ちが後ろ向きなのです。
「この年にならないと分からないのよ…」とも言われますが、娘としては、
いつまでも元気で、生活を楽しんでもらいたいですよね。
苦しい時には、お世話になっているので、感謝しているのですが…。

私もこの本、ぜひ読んでみようと思います。特に、まだ読んだことのない
ロマンス系の本の解説は、興味深々です。
興味をもってもらえそうなら、両親にもプレゼントしたいなぁ…。

あ、それと、母の後ろ向きの気持ちを聞くのは大変だけど、
いっぱい愚痴ると、しばらく母も元気になるみたいな気がします。
りあさんのお母さんも、りあさんに気持ちを話せることで、
支えられている面もあると思いますよ(^^)。
2008/09/08(月) 11:04:25 | URL | rfuji #obWbQ39E [Edit
>rfujiさんこんばんは!

rfujiさんのお母様も同じことをおっしゃられているのですね~。
娘としては、母にも人生楽しんでもらいたいという思いでいっぱいなんですが・・・なかなかですよね;;でも、私がこうやっていろいろ話をきいてあげたり、孫をつれていってあげたりしているのが、実は親孝行なのかもしれないですね。

この本、ぜひお母様世代にも読んでもらいたいという感じがします^^
ぜひ、本屋さんでひらいてみてくださいね~
おすすめ本は、後ろの方にあるのみなのですが、さっすがまりあさんという感じで良書がそろっておりました^^
私もチェックして探してみたいと思っています!
2008/09/08(月) 21:57:51 | URL | りあ #olKYQuew [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

 りあ

Author: りあ
*3年生と年長の娘
ダンナさまの4人家族
*フルタイムで働く母です。

英語は大の苦手だったのですが、下の娘の育児休暇中に何気なく始めた多読にはまってしまい、現在に至ります。
超多忙な生活になったために、現在は、自由に好きなだけ本を読むことはできておりません;;
隙間時間の達人目指して、多読もブログも細々と続けられたらな~と思っております。

05.12/1 多読開始
06.3/23 50万語通過
06.6/21 100万語通過!
06.9/29 200万語通過
06.12/26 300万語通過
07.3/9  400万語通過
07.9/17 500万語通過
08.4/5 550万語通過
09.8/27 600万語通過
10.9/1 650万語通過

10.9/1現在 6,510,942語
(遅々たるものです;;)



Archive Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



Tree-Comment



最近のトラックバック



フリーエリア



フリーエリア



おすすめブログ

このサイトを登録 by BlogPeople



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



懸賞・小遣い ちょびリッチ





Copyright © ほんわか多読生活 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。