10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sammy Keyes and the Hotel Thief

2007
05/12
*Sat*
0679892648Sammy Keyes and the Hotel Thief (Sammy Keyes)
Wendelin Van Draanen
Random House Childrens Books (J) 1998-08

by G-Tools
(総語数40,500語 YL5.5~6.2)

Sammyは中学1年生。
複雑な事情で、祖母といっしょに高齢者専用マンションにこっそり住んでいます。そのため出入りは非常口を使い、人目に気をつかいながら生活しなければなりません。
ある日、退屈だったSammyは、望遠鏡でホテルをのぞいていると、お金を盗んでいる泥棒を発見してしまいます。とっさに手を振ってしまったSammy。犯人はいったい誰なのか・・・。

エドガー賞児童書部門受賞作品ということで、どんな話なのだろう・・・と思いながら読み始めました。
なかなか痛快、とっても爽快な感じがするお話で、探偵小説ではあるのですが、同時に良質な児童書というのも頷けました。
Sammyから元気をわけてもらえる、そんな感じのお話です。

小学生向けの探偵小説といえば、なんとなく犯人捜しがメインという感じでしたが、このお話は、中学生が主人公ということで、犯人捜しだけでなくSammyをとりまく家庭環境、友人関係、学校生活などいろんなところに視点が向けられてありました。
主な登場人物は、Sammyそして親友のMarissa。
二人とも全然家庭環境は違いますが、どちらとも心のどこかに寂しさを感じる部分があり、決して幸せな家庭環境とはいえません。
ですが、Sammyはそんな境遇にも負けないぐらい、活発で元気です。
さばさばしているという雰囲気がぴったりあてはまりそうかな?
いじわるな女の子も登場してきますが、ちゃんとやり返します。1巻はちょっとやりすぎのところもありましたが、2巻以降はそこまでではなさそうです(笑)

お話は、Sammyの目線で進んでいくので、割と読みやすく感じます。
話にスピード感もあるし、最初は、これってYL4くらい??なんて思いましたが、あちこちに伏線がちりばめられており、ミステリーの部分を完全に理解しようと思うとやっぱりYL5かなーなんて思ってしまいました。
私なんて犯人が最後まで全然分かりませんでした;;
隙間時間にちょこちょこ読んでいたので、忘れている部分もたくさんあったので、理解できていない伏線や登場人物もあり・・・・一気に読めばよかったかもしれません。
最初の方のページは、なんと育休中に読んでいてそのままになっていたので、この人誰だっけ?状態だったので、2巻以降はそんなに間をあけないで読みたいなと思っています。

このお話、事実が述べられている形式ではなくて、会話から読者が事実を想像していかなければならない部分が多々あったので、英語というよりは読解面で頭を働かさなければいけないかなーなんて思いました。
何気ないことが伏線だったり、キーポイントだったり・・・。ミステリー部分でもかなりいい感じではないかと思います。
おもめのお話の合間や長編を読んだ後など、ちょっと疲れたときなどに読むといいかもしれないです!

邦訳はこちらです。
少女探偵サミー・キーズとホテル泥棒
この表紙の女の子、とってもかっこいいですが、この表紙の方が、自分のイメージにあってたかなーなんて思いました。

2巻以降もたくさんでているので、読んでみたいです。
Sammy Keyes and the Skeleton Man (Sammy Keyes)Sammy Keyes and the Sisters of Mercy (Sammy Keyes)Sammy Keyes and the Runaway Elf (Sammy Keyes)Sammy Keyes and the Curse of Moustache Mary (Sammy Keyes)Sammy Keyes and the Hollywood MummySammy Keyes and the Search for Snake Eyes (Sammy Keyes)Sammy Keyes and the Art of Deception (Sammy Keyes)Sammy Keyes And the Psycho Kitty Queen (Sammy Keyes)Sammy Keyes and the Dead Giveaway (Sammy Keyes)Sammy Keyes and the Wild Things (Sammy Keyes)
最後のみハードカバーです。こちらの表紙の方がかっこいい感じがするんですけどねー;;

Amazonのレビューを読んでいると、1巻ではあまり登場しなかったお母さんのことがでてきたり、どんどん新しい登場人物がでてきたりするので、やはり巻をおって読んだ方がいいかなーと思いました。
5巻以降は男の子も登場してティーンぽくなるみたいです。
巻によっては爽快な感じだけではなく、心温まるお話もあるみたいなので、ぜひ続きも読んでみたいなと思います!
スポンサーサイト

COMMENT

おはようございます(*´∇`*)
りあさん、この本はとても面白そうですね!!子どもが主人公でも良質の児童書とミステリーが合体したものというのはそんなにないような気がします。
仕事を再開されて読書も今までのようにいかなくて大変でしょうが、私も少しずつ今の生活の中で読むということに慣れていきました。何よりも隙間を狙ってでも読みたい、しかも英語というのが多読をして一番の効果かもしれませんよね。
2007/05/12(土) 10:06:41 | URL | 雫 #7cFgV8.c [Edit
りあさん、こんにちは。
Sammy KEYES 2巻以降の紹介の表紙がずいぶん前から気になってました。

手に取れるようになったらぜひ私も読んでみたいと思います。

 
2007/05/12(土) 11:43:58 | URL | hanazo #- [Edit
★雫さんへ★

雫さん、こんばんは!
この本、多分雫さんは好きなジャンルではないかなーと思います(^^)
ミステリー以外の部分でもたくさん楽しめる本っていいですよね♪すごくテンポがあるし、ミステリーの方もすごく入念な感じがするし、雫さんならば厚手の本の合間にさくさく読めるのではないかなと思います。
この本のレビューはあまりみたことがないので、他の皆さんの感想もきいてみたいです!
機会があったらぜひ手に取ってみてくださいね!


★hanazoさんへ★

hanazoさんこんばんは!
この本YLは高めですが、YL4を読まれている方ならば読めるのではないかなぁと思いました。YL5の中でも読みやすい感じはしました。なのでhanazoさんも大丈夫だと思います^^
私なんていつもの調子でさくさくとばし読みしてたら、そこが伏線だったりして、あわてて戻る状態で・・・(^^;)邦訳もあるみたいなのでいつかそちらものぞいてみたい気がしています。
hanazoさんもぜひ手に取ってみてくださいね^^
2007/05/12(土) 21:03:28 | URL | りあ #olKYQuew [Edit
おもしろそ~♪
りあさん、こんばんは♪

この本、りあさのあらすじ読んでいるだけでもおもしろそ~(^v^)
心惹かれますv-10

隙間時間でもこれだけの本が
読めるりあさん、すごいですv-10
私はまだまだ修行をつまねばi-237
2007/05/13(日) 01:22:27 | URL | すいかちゃん #- [Edit
わーい♪
りあさん、こんばんは。
週末になると、りあさんの記事が読めるかな?と楽しみにしています。
しかも今回は、私も読んだ、サミー・キーズ!
私はあの口語文に結構苦戦したんですが、りあさんはさすがですね。
子供向け推理小説も侮れませんよね。
そういえば子供の頃、「マガーク探偵団」という子供向け推理小説をよく読んでいました。
私はこのサミー・キーズの表紙、かわいくて好きです。
邦訳が4巻までしか出ていないのが残念。最近本屋でもあまり見かけなくなりました。
2007/05/13(日) 02:20:14 | URL | 美野里 #GaenHm5U [Edit
★すいかちゃんへ★

ふふふ。今週は恒例の?自分の病院だったために2時間の待ち時間で結構読みました。待ち時間ってすることないから絶好の読書時間ですよね~♪

最初の方は育休中に読んでいて、そのままになっていたのも大きかったかもです。これ以上放置したらホントに全部忘れそう・・・ということで、続きを読んだんですよね~
でないと、日々の隙間時間ではとても1週間では読めなかったです。

読書している時間は本当にストレス解消できるから大好きです^^
また仕事がんばろーって気になれました!
(ちなみに一番は睡眠。体が資本なので睡眠時間がやっぱ一番大事です^^;)


★美野里さんへ★

美野里さんもこのお話読まれていたなんてうれしいです!
あんまりレビューを見たことがなかったのですが、邦訳もおもしろそうですよね^^一度読んでみたいなと思いました!

私も実は理解できていなかったところというか分かりづらかったところも多々ありました(笑)
でも、これってこのお話の形式というか、わざと分かりづらく書いているような気もしなくはないかなーって思いました。
事実を書き連ねてくれれば分かるのですが、会話からいろんなことを読み取っていかないといけないので、結構読み飛ばしていたような気がします(汗)
パターンは分かったので2巻はいろんなところに目を配っていかないといけないかなーっと思いました!
この表紙もかわいいですよね。
(実は私の1巻の表紙はこんな感じではなくて泥棒さんの絵でした。)

美野里さんの2巻の記事も楽しみにしています^^
(私はまた4万語の本はしばらく読めないかなーなんて思ってしまっております^^;)
2007/05/13(日) 06:58:46 | URL | りあ #olKYQuew [Edit
りあさん、こんばんは。

読みました~~♪
とっても楽しかったです。
ありがとう!

このあたりのレベルの本がサクサク読めるようになるともっと色んな本が楽しめるんでしょうね。
2007/10/12(金) 21:55:08 | URL | hanazo #- [Edit
hanazoさん、こんばんは!
もう読了されたのですね!!(@@)
すごいです^^

私も久々に記事を読んでみて、内容を思い出しました^^
ところどころ分かりにくい部分があったのですが、さくさく読めたらまた違ったんだろうなーーなんて思いました。
機会があったら2巻以降も読んでみたいと思います♪
2007/10/12(金) 23:44:52 | URL | りあ #olKYQuew [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

日本語の「少女探偵サミー・キーズとホテル泥棒」を本屋さんで見て以来、「面白そう。
2007/05/13(日) 02:11:39 | おうち英語 [Del
Sammy Keyes and the Hotel Thief (Sammy Keyes)Wendelin Van Draanen (1998/08)Random House Childrens Books (J)この商品の詳細を見るYL:5.5~6.2語数:40500「ほんわか多読生活」のりあさんにお借りして読み
2007/10/12(金) 21:51:02 | hanazoの英語ちゃれんじ [Del


プロフィール

 りあ

Author: りあ
*3年生と年長の娘
ダンナさまの4人家族
*フルタイムで働く母です。

英語は大の苦手だったのですが、下の娘の育児休暇中に何気なく始めた多読にはまってしまい、現在に至ります。
超多忙な生活になったために、現在は、自由に好きなだけ本を読むことはできておりません;;
隙間時間の達人目指して、多読もブログも細々と続けられたらな~と思っております。

05.12/1 多読開始
06.3/23 50万語通過
06.6/21 100万語通過!
06.9/29 200万語通過
06.12/26 300万語通過
07.3/9  400万語通過
07.9/17 500万語通過
08.4/5 550万語通過
09.8/27 600万語通過
10.9/1 650万語通過

10.9/1現在 6,510,942語
(遅々たるものです;;)



Archive Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



Tree-Comment



最近のトラックバック



フリーエリア



フリーエリア



おすすめブログ

このサイトを登録 by BlogPeople



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



懸賞・小遣い ちょびリッチ





Copyright © ほんわか多読生活 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。