08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Five on a Treasure Island ( The Famous Five#1)

2006
12/23
*Sat*
Category:児童書YL4
0340681063Five on a Treasure Island (Famous Five Centenary Editions)
Enid Blyton Eileen Soper
Hodder Children's Books 1997-03-19

by G-Tools
(総語数40,000語 YL4.0~5.0)

"The Famous Five"の第1巻です。
イギリスで有名なシリーズ。初版はなんと1,942年です。

Julian(12才♂)Dick(11才♂)Anne(10才♀)の3兄弟は、夏休みに海辺に住んでいるいとこGeorge(11才♀)の家で過ごすことになります。
GerogeはGeorginaという名前ですが、女の子と思われたくなく、格好もすることもまさに男の子同然。最初は打ち解けることができませんでしたが、やがて3人と意気投合。犬Timothyも加わって4人と1匹で難破船が沈んでいるという無人島を探検をすることになります。

実は、何の知識もなく読み始め、"The Boxcar Children #1"みたいな話かな~と思っていたら全然違っており、後半はまさに正統派冒険小説という感じでした。冒険小説だと思って読み始めると、前半はストーリー展開がゆっくりで冒険という感じではないし、後半も刺激的な展開ではないかもしれないので、この程度の感覚で読み始めたのでちょうどよかったです(^^)
無人島、難破船、金塊などなど子どもたちの心をくすぐるような話題がたくさんでてきて、60年以上も読み継がれている・・・というのも分かるような気がしました。
私的には、子どものころ読んだ「ズッコケ三人組」シリーズを思い出してしまいました(笑)

英語の方は非常に読みやすかったです!!
GRを読みなれていて児童書は苦手という人でもこれならば読めるのではないかな~と思いました。YL3が読めたら読めるような気がします。
ところどころに挿絵もあったのもよかったです。(ちょっと古めかしい感じでしたが^^;)
語数稼ぎをしたい!という人にはぴったりかもしれません。

邦訳は図書館で見ましたが、1巻2巻いっしょになっているようでした。
「こちらおなじみ探険隊 それいけ!宝島へ」

他の巻もタイトルを見ればおもしろそうで・・・
機会があれば、スランプのときなどに手にとってみたいなと思います♪


総語数累計:2,987,453語
スポンサーサイト

COMMENT

わおっ♪
りあさん、もう少しで300万語ですね!
りあさんの記事読んで最後の語数を見て「わおっ♪」と思っちゃいました^^
年内突破!?v-410

「The Famous Five」
私もBoxcar Childrenみたいなものかと思ってました。
違うんですね~。
しかし4万語とは私には未知の世界だわぁ(笑)
2006/12/23(土) 18:00:25 | URL | すいかちゃん #- [Edit
すいかちゃんへ
すいかちゃん、こんばんは!
Famous Fiveありがとうございました^^
Boxcar Childrenとの共通点はどちらも「古き良き時代の子どもたち」って感じでしょうか~ 長年愛され続けている児童書って感じがしました。だから、どちらも口語表現が少なくて読みやすいのかもですね^^
長ささえクリアすれば、すいかちゃんなら読めると思うので、ぜひぜひ読んでみてください!
年内300万語を目指すあまりに、最後のほうはストーリーが分かる程度に駆け足で斜め読みしてしまいました^^;;まぁ、はらはらどきどきしたのもあったんですけどね~;;
2006/12/23(土) 23:03:53 | URL | りあ #olKYQuew [Edit
りあさん、こんにちはー!
昔から読み継がれている児童書なので、イギリス人は読んでいる人が多いのだそうです。
イギリスに留学するなら Famous Five、アメリカに留学するなら Boxcar Children を読んでおくと話のタネになるよーと古川さんが言ってました。
2006/12/24(日) 09:52:24 | URL | Julie #bGcP5udY [Edit
Julieさんへ
Julieさん、こんばんは!

なるほど、 イギリスではFamous Five、アメリカなら Boxcar Children なんですね~。
どちらもいい子たちが登場するし、読み継がれたシリーズだけあるなぁと思いました。
多読をしなかったら知らなかったシリーズだったので、王道の二つのシリーズを読むことができて本当によかったです♪
2006/12/24(日) 18:00:52 | URL | りあ #olKYQuew [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

 りあ

Author: りあ
*3年生と年長の娘
ダンナさまの4人家族
*フルタイムで働く母です。

英語は大の苦手だったのですが、下の娘の育児休暇中に何気なく始めた多読にはまってしまい、現在に至ります。
超多忙な生活になったために、現在は、自由に好きなだけ本を読むことはできておりません;;
隙間時間の達人目指して、多読もブログも細々と続けられたらな~と思っております。

05.12/1 多読開始
06.3/23 50万語通過
06.6/21 100万語通過!
06.9/29 200万語通過
06.12/26 300万語通過
07.3/9  400万語通過
07.9/17 500万語通過
08.4/5 550万語通過
09.8/27 600万語通過
10.9/1 650万語通過

10.9/1現在 6,510,942語
(遅々たるものです;;)



Archive Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



Tree-Comment



最近のトラックバック



フリーエリア



フリーエリア



おすすめブログ

このサイトを登録 by BlogPeople



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



懸賞・小遣い ちょびリッチ





Copyright © ほんわか多読生活 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。