06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nory Ryan's Song

2006
12/21
*Thu*
Category:児童書YL4
0440418291Nory Ryan's Song
Patricia Reilly Giff
Yearling Books 2002-09

by G-Tools
(総語数31,732語 YL4.5~5.5)

1,845年のアイルランド。
イギリス人領主によって、地代の取り立てに苦しめられていた人々に、さらに追い討ちをかけるように、襲い掛かったジャガイモ飢饉。地代を払うどころか、主食であるジャガイモが疫病に襲われ壊滅的な被害を受け、今日食べる食べ物さえもなく、アイルランドでは飢えと病気が蔓延した。イギリス人領主たちは、地代を払わない住民たちに容赦なく、住む家を壊し、唯一の家畜さえも奪っていく。
そのため、人々は生き延びるために次々とアメリカへ移住していった。

12歳の少女Noryは、祖父と2歳年上の姉Celia、幼い弟Patchと共に暮らしていた。一番上の姉Maggieは結婚してアメリカに渡ってしまい、父は地代をかせぐために、遠い海に漁に出たきり帰ってこない。父の帰りを待ち望むNoryたち。
そんな中、ジャガイモが病気で黒くなったという噂が流れ、やがてNoryの住む村でも、畑のジャガイモがみるみるうちにやられていった・・・。



この物語は、1845年~1852年にかけて実際にアイルランドをおそった大飢饉を基に書かれています。
作者のあとがきによると、この飢饉で、当時のアイルランドの人口800万人のうち、100万人以上の人々が亡くなり、300万人ものアイルランド人が移民となって国を出たのだとか。
実際に作者の曾祖父母たちもこの飢饉を体験し、生き延びるためアメリカに渡らざるをえなかった過去があったようでした。

Wikipediaによると、
『19世紀はじめ、イングランドによって土地を奪われたアイルランド人は小作農にならざるを得なかった。恒常的な食料不足に悩んでいたアイルランドで、おもに麦を栽培していた小作農家たちは、地主に納めなくてもよく、荒れた土地でも栽培できるジャガイモの栽培を始めた。ジャガイモの栽培は急速に普及し、農民たちの主食となっていった。』
という記述があり、ジャガイモはその当時としては、とても大切な食料だったことが分かります。

アイルランドの歴史を語り継ぐこの物語。
さまざまな試練。だけど、それに屈することなく懸命に生きるNory。
先の見えない闇の中から、苦境をのりこえようとし、そして、家族、隣人たちを自分なりに必死で守ろうとする彼女の姿に感動しました。

Maggie's Door
続編。Noryたちが、アイルランドからアメリカに渡るまでの様子を書いた物語のようです。彼女たちにとっての新天地アメリカとはどんな風にうつったのか・・・。こちらも機会があれば読んでみたいなと思いました。


移民といっても、本当にいろんな歴史があるのだなと思いました。
YL4.5~ということでしたが、内容も内容だけに、英語の方は難しかったです。
だけど、忘れてはならないアイルランドの歴史について知ることができて、とてもよかったなと思いました。

紗香さん、ありがとうございました(*^^*)


総語数累計:2,944,953語
スポンサーサイト

COMMENT

きびしぃ
りあさん、こんにちは♪

あらすじを読んでいるだけで
きびしさが伝わってきますね(>_<)

この本も読んでみたいなと思いました。

けれど和書でこの本を手にしたら、
きっと読まないだろうな~^^;

洋書だとジャンルにとらわれず
色々と読んでみたいと思うのに
何だか不思議ですよね^^
2006/12/21(木) 16:12:48 | URL | すいかちゃん #- [Edit
すいかちゃんへ
すいかちゃん、こんにちは!

和書は、たしか中学校の読書感想文の何かになっていたような気がします。。。
こうやってあらすじをみると非常に厳しい感じがしますが、とにかく理解度が低かったので、あいまいな状態しか分からず残念です(^^;)きっと詳細まで分かっている状態で読んだら、また違った感動があったかもしれないなーと思います。

この作家さんもすごくいいなぁと思ったので、もう少し簡単なほかの作品も読めたらいいなと思いました。

多読で世界史いいですよね♪
すいかちゃんも、ぜひぜひいっしょにどっぷりつかりましょう!
2006/12/22(金) 13:24:04 | URL | りあ #olKYQuew [Edit
やっぱり難しかったのですね。
りあさん、またまたこんばんは。
この本、読まれたのですね。

実は、私がYLをつけていながら
邦訳も事前に読んでいながら、
理解度低かったのです~(⌒o⌒;A

これは、時々入るアイルランド語があるからなのか、
内容的に暗い話しで馴染みがないから、
分りづらいのか分りません。

でも、とってもいい話しだったので
お貸ししてしまいました。

この作者、元教師だけあって
その経験を生かした作品も書いている様なので、
私も他の作品をと思っています。
2006/12/27(水) 21:51:41 | URL | 紗香(すずか) #HLrqDUJ6 [Edit
紗香さんへ
紗香さん、こんばんは!
本、ありがとうございました(^^)
YLとしては、YL4というよりもYL5くらいかなぁなんて思いました。
総語数は少なめですが、独特な言葉が多いので、Walk Two Moonsなんかよりも語彙レベルは高そうですよね。
歴史が得意な人が読んだらそうでもないかもしれないですけどね~
内容はおもかったけど、すごーくNoryの姿に感動しました。
いいお話とであえてよかったです。
本当にありがとうございました^^
2006/12/27(水) 22:48:06 | URL | りあ #olKYQuew [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

 りあ

Author: りあ
*3年生と年長の娘
ダンナさまの4人家族
*フルタイムで働く母です。

英語は大の苦手だったのですが、下の娘の育児休暇中に何気なく始めた多読にはまってしまい、現在に至ります。
超多忙な生活になったために、現在は、自由に好きなだけ本を読むことはできておりません;;
隙間時間の達人目指して、多読もブログも細々と続けられたらな~と思っております。

05.12/1 多読開始
06.3/23 50万語通過
06.6/21 100万語通過!
06.9/29 200万語通過
06.12/26 300万語通過
07.3/9  400万語通過
07.9/17 500万語通過
08.4/5 550万語通過
09.8/27 600万語通過
10.9/1 650万語通過

10.9/1現在 6,510,942語
(遅々たるものです;;)



Archive Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



Tree-Comment



最近のトラックバック



フリーエリア



フリーエリア



おすすめブログ

このサイトを登録 by BlogPeople



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



懸賞・小遣い ちょびリッチ





Copyright © ほんわか多読生活 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。