10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ellie's Chance to Dance (Royal Ballet School Diaries#1)

2006
12/14
*Thu*
Category:児童書YL4
0448435357Ellie's Chance to Dance (Royal Ballet School Diaries)
Alexandra Moss
Grosset & Dunlap 2005-01-13

by G-Tools
(総語数27,000語くらい YL4?)

Ellieは、3歳から習っているバレエに夢中な10歳の女の子。
幼いころ、お父さんを事故で亡くし、お母さんと二人で暮らしていましたが、お母さんの仕事の都合で、住み慣れたアメリカのシカゴからイギリスのオックスフォードで暮らすことになりました。
初めてのイギリスでのなれない暮らし、新しい友達、新しい学校、新しいバレエ教室。
不安と期待、いろんなことに戸惑うEllie。
あこがれのイギリスの名門ロイヤルバレエスクールを目指して、夢に向かってひたすら努力するEllieの感動物語の第1巻です。


先日、本屋さんに入ったら児童書コーナーのところに、かわいい女の子の表紙の本が山積みされているのを発見。
「ロイヤルバレエスクールダイヤリー。大人も子どもも夢中になる感動物語。」
と書かれてあり、なんだか今までの児童書とは趣向が違っておもしろそう~!と思い、早速メモをとってかえりました。
調べてみると原書は英語らしい。せっかく多読で洋書が読めるようになったのだから~と邦訳ではなく原書を注文して、無事に1巻を読了しました!

これが、なかなかおもしろかったです!!

Ellieが、本当に何でも一生懸命。
人間関係に悩みながらも、自分と向き合って健気に頑張るんですよね。きれいごとだけでなく、人には見せたくない醜い部分についてもふれ、悩みながらも成長していく姿は、見ていて、すごーく応援したくなりました。

バレエのレッスンの様子やロイヤルバレエスクールについての詳細については、かなり本格的で、実際にバレエをしている子どもたちや大人たちには絶大な人気がある・・・というのも頷けました。
私は特にバレエについて詳しいというわけではないので、推測で読んでしまいましたが、もっといろいろなことが知りたいな~なんて思ってしまいました。
バレエの練習については、なかなか読み応えがあり、興味深かったです。
華やかなステージとは裏腹に、バレエとはかなり厳しくて奥が深い世界なんだなーなんて大変勉強になりました。(どんなことでも技術を身につけようと思ったらそうかもしれないですけどね。)

友情、努力、栄光・・ということをかなり前面に押し出した物語は最近は少ないかなぁなんて思っていたので、いいものを発見した~って感じです。なんとなーく昔読んだスポ根ものの少女マンガを彷彿させるものがありました^^

自分の目標に向かって努力して頑張るということは本当に大切なことですよね~。だけど、なかなかそれができない子どもたちって多いのですよね;;できなかったらすぐやめる。いやになったらすぐやめる。努力はしない・・・というか。
小学校の中学年、高学年にはぴったりのお話だと思うので、わが娘たちにも将来邦訳の方をぜひぜひ読んでもらいたいなぁと思いました!

英語としては、「Heartland」よりもすごく読みやすかったです。
邦訳のほうは、バレエについての解説のイラストやシール?があったように思ったのですが、原書の方は挿絵もシールもなかったです。(巻末にバレエ用語の解説はありました。)
小学生向けの話からヤングアダルト向けの話にいくのには、ややステップが大きいなと思っていたのですが、このお話は、ちょうどその中間に位置しているような気がしました。
ヤングアダルト向けのお話はややハードルが高いという人にはぴったりかもしれないなと思います!(HeartlandやJacqueline Wilsonへの橋渡しにいいかも?)
会話表現が多いので、すごく読みやすかったし、いろんな言い回しの勉強にもなりました。
Diariesといっても章ごとの最初や最後に少しだけ日記が書かれてある感じで、日記中心の話というわけではありません。日記の方も割とやさしい英語で書いてくれているので、こんな感じで書けばいいのか~と参考になりました。
イギリスとアメリカの違い、イギリスの美しい街並み・・・など、なかなかいろんな要素が加わっており、おもしろかったです。

語数は1巻、2巻は分からないのですが、3巻以降はAmazon.comで分かります。だいたい26,000語から30,000語ってところみたいです。1巻もSSSの計算式にあてはめてはみましたが、少しの差でかなりのばらつきがでてしまうので、怖いですね;;勝手に27,000語でカウントしてみました(^^;)

原書は8巻まであります。(8巻で終了なのかな??)
Lara's Leap Of Faith (Royal Ballet School Diaries) Isabelle's Perfect Performance: The royal Ballet School Diaries (Royal Ballet School Diaries) Sophie's Flight Of Fancy (Royal Ballet School Diaries) Kate's Special Secret (Royal Ballet School Diaries) Grace's Show of Strength (The Royal Ballet School Diaries) New Girl (Royal Ballet School Diaries) Boys or Ballet? (Royal Ballet School Diaries)


こちらは邦訳です。
ロイヤルバレエスクール・ダイアリー (1) エリーの挑戦
現在5巻まででているようです。
「~なの。~だわ。」
という表現だったので、ちょっと私は読むのに抵抗があったのですが、原書だと関係なく読めるので、それがいいところですよね♪

バレエを習っていた方、スポーツものが読みたい方などにはぜひぜひオススメですのでぜひ手にとって読んでみてください!
1巻がいいところで終わったので、続きがまたまた読んでみたくなってしまいました。(今度は8巻か~^^;)
シリーズものをまた発掘してしまい、どうしようか^^;;って感じです。


総語数累計:2,887,700語
スポンサーサイト

COMMENT

女の子らしい~~
りあさん、こんにちは~。お久しぶりです^^;
またまた可愛い本発掘ですね☆
どうも男の子っぽい本ばかり選びがちな私には、このピンクの表紙が眩しいです(笑
そんな男勝りな(?)私ですが、子供の頃4年ほどバレエを習っていたので、ちょっと興味ありです。イギリスという言葉にも反応してしまいました^^
100万語超えたら、チャレンジしてみようかな~~~~☆
2006/12/14(木) 15:17:10 | URL | *Rosie* #2CDvhZGo [Edit
おぉ!
りあさん、こんにちは(*´∇`*)
私、バレエ好きでして・・・これは面白そうですね!
Heartlandよりもやさしいということは、YL3後半~4前半あたりでしょうか。これは良い感じです~。
一冊の長さも良い感じだし、りあさん、良いもの発見しましたね!

2006/12/14(木) 15:48:09 | URL | 雫 #7cFgV8.c [Edit
わぁ~♪
これ、私も本屋の児童書コーナーに積んであるのを見かけて気になってました!(しっかり原題をチェック済み^^)
りあさんも目をつけていたなんて、なんだか嬉しい~~~☆そしてやっぱり面白いんですね!!バレエの知識は全然ないのですが、読んでみたいです♪ご紹介ありがとうございました~♪♪♪
2006/12/14(木) 16:42:53 | URL | とまと☆まま #GhMHlou2 [Edit
きゃ~(*^_^*)
この本、私も本やさんの児童書コーナーでよくみかけて、図書館でも何度も手にとり、いや、これは原書で。。。と思っていた本です^^

バレエは特に詳しいわけではないんですが、TVでやっていたりするとつい夢中になってみとれています^^

私も読めるようになったら読んでみたいです!
2006/12/14(木) 17:12:34 | URL | すいかちゃん #- [Edit
私も^^
りあさん、こんばんは!

私もコレ児童書コーナーでチェックして。
その場で携帯を取り出しAmazonで原題を打ち込んで画面メモしてました(笑)
わーい皆様と同じことやってる!とタドキストの一員のような気がして嬉しいです♪

やっぱり面白いんですね^^
邦訳がでるくらいだからきっと人気あるんだろうなーとは思ってましたが。
うう。heartlandの橋渡し。
その言葉に弱い><
読みたくなってしまいましたー!(笑)

いやあ・・・本当に読みたい本がたまっていくなあ。
2006/12/14(木) 19:39:53 | URL | マリコ #- [Edit
みなさまこんばんは~
★*Rosie*さんへ★

*Rosie*さん、こんばんは!
子どものころバレエを習われていたのでしたら、ぜったい反応する部分がたくさんあると思います!!私はプリエくらいしか言葉と動作が結びつかなかったので残念でした;;
イギリスについても特にオックスフォードについていろいろ書いてあったので、きっと*Rosie*さんならば分かる部分がたくさんあると思います!名物料理?なんかもでてきたし、言葉の違いなんかもでてきました^^
Jacqueline Wilsonよりは読みやすいので、ぜひぜひ100万語通過後には手にとってみてくださいね~♪


★雫さんへ★

雫さんはバレエ好きなんですね♪バレエ用語はたしかフランス語でしたっけ??(よく知らなくてごめんなさい;;)
私は、本当にバレエ用語についてはちょっとしか分からないので、とーーっても残念な気持ちで読んでしまいました。(Heartlandでいえば、乗馬のことが分からず馬本を読んだという感じでしょうか^^;)
長さ的にもちょうどいいので、雫さんのパンダ本になると思います。2巻以降は寄宿舎学校に入るみたいだし・・・面白そうでした。
ぜひぜひ読んでみてくださいね(*^^*)


★とまと☆ままさんへ★

今まで児童書コーナーでチェックして原書を読んだことがなかったので初体験でしたが、とまと☆ままさんもチェックされていたのですね~♪なんだかうれしいです^^とまと☆ままさんの感想もきいてみたいです!
趣味趣向が似ているタドキストさんは、多読をする上ですごーーく貴重&強みになりますよね~^^
これからもいろいろ教えてくださいね~♪


★すいかちゃんへ★

この本は、会話文が多いし、割と読みやすい方ではないかなと思いました。(最近YLの感覚があやしくなってきたので、怖いのですが;;)
バレエ用語は分かったら楽しいのだと思いますが、きっと日本語で読んでもどんな動きか分からなかったので、飛ばして読んでいただろうな~なんて思いました^^(日本語でも飛ばすものは英語でも当然飛ばすということで・・・^^;;)
ぜひぜひいっしょにはまりましょう♪←と誘う私です(笑)


★マリコさんへ★

マリコさんもチェックしていたのですね^^もう十分立派なタドキストさんですね♪
この本はPony PalsとHeartlandの中間って感じがしましたが、YL4をたくさん読まれているマリコさんならば読めると思いますよぉ^^そこまで口語表現が激しいって感じでもなかったですし・・・いろいろ英語的にも勉強になりました。
ぜひぜひいっしょによんでいきましょう~♪
2006/12/14(木) 21:28:36 | URL | りあ #olKYQuew [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

 りあ

Author: りあ
*3年生と年長の娘
ダンナさまの4人家族
*フルタイムで働く母です。

英語は大の苦手だったのですが、下の娘の育児休暇中に何気なく始めた多読にはまってしまい、現在に至ります。
超多忙な生活になったために、現在は、自由に好きなだけ本を読むことはできておりません;;
隙間時間の達人目指して、多読もブログも細々と続けられたらな~と思っております。

05.12/1 多読開始
06.3/23 50万語通過
06.6/21 100万語通過!
06.9/29 200万語通過
06.12/26 300万語通過
07.3/9  400万語通過
07.9/17 500万語通過
08.4/5 550万語通過
09.8/27 600万語通過
10.9/1 650万語通過

10.9/1現在 6,510,942語
(遅々たるものです;;)



Archive Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



Tree-Comment



最近のトラックバック



フリーエリア



フリーエリア



おすすめブログ

このサイトを登録 by BlogPeople



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



懸賞・小遣い ちょびリッチ





Copyright © ほんわか多読生活 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。