06
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
30
<< >>

This Archive : 2007年06月

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月ももうすぐ終わり。。。

2007
06/29
*Fri*
Category:多読な日々
今月も終わろうとしているのですが、6月まともに読んだ本は、結局「おちゃめなふたご」ちゃんだけでした。
忙しいのもあったのですが、あんまり本は読めませんでした;;

あちこちで、最終巻発売にあわせて、ハリポタ読了の記事を読んでいたら、私も読んではみたくなったんですが、次は恐怖の4巻。
Harry Potter and the Goblet of Fire (Book 4)

ハードカバーの本を友だちから借りてきたのはいいのですが、かなり分厚いです。5cmはあります。
語数は、なんと19万語(^^;)
37章あるので、週末に3章ずつ読んでいくとしたら・・・
3ヶ月はかかってしまいます。。。

2章ほど読みましたが、かなりのキリン読みのため、朗読CDを携えてもベストコンディションでかなり気合いを入れないとダメなようでした。
邦訳もあったんで、ちらっとシマウマ読みをやってみましたが、おおまかなところは分かってはいるような感じでしたが、細かいところはあんまり分かっていない感じでした;;
ハリポタが苦労なく読めるようになると、最高にいいんですが、私には遠い未来になりそうです(苦笑)

こんなときには、やっぱりやさしめの本かな~~~~
最近YL4以上の本ばかりで、キリン続きだったので、なんだかやさしめの本で、癒されたい気分でいます。
平行読みで何かやさしめの本が読めたらいいです。(さぁ開拓していかなければ;;)
スポンサーサイト

Twins at St Clare's

2007
06/22
*Fri*
Category:児童書YL4
1405219777The Twins at St. Clare's (St Clares)
Enid Blyton
Egmont Books Ltd 2005-07-04

by G-Tools
(総語数43,000語 YL4.0~5.0)

PatとIsabelは仲良しの双子の姉妹。
新しくClare学院に行くことになった2人ですが、2人はClare学院がとっても嫌で仕方ありません。
「退学になったら別の学校に行けるかも!」
ということで、2人はやりたい放題。
先生へのいたずら、真夜中のパーティー、こっそりサーカス観覧など、どきどきするようなことばかりしでかす2人。
そんな2人も、新しい友だち、いろんな先生とふれあっているうちに、だんだん学校が好きになっていきます!

ブログ1周年!

2007
06/16
*Sat*
Category:多読な日々
気がついたら、6月16日で、ブログ1周年をむかえました!!
そして、ちょうど読了本も600冊となりました。
600冊記念本はこれ。
Henry and Mudge and the Starry Night: The Seventeenth Book of Their Adventures (Ready-to-Read. Level 2, Reading Together)
(総語数485語 YL1.2)
大好きなHenry and Mudgeの中の1冊です。
このお話「Henry and Mudge and the Starry Night」は、家族みんなでそろってキャンプに行く話です。
このお話を読むと、家族っていいな~ってほのぼの気分になれます^^
お気に入りの1冊です。


Amelia Bedelia

2007
06/09
*Sat*
Category:児童書YL1
0064443094Amelia Bedelia 4 Mayor (I Can Read)
Herman Parish Lynn Sweat
Trophy Pr 2001-06-05

by G-Tools
(総語数1,389語 YL1.2~1.6)

苦手なAmelia Bedeliaシリーズです。
苦手といってもお話は楽しくて好きです^^
何が苦手といいますと・・・このAmeliaがいろんな言葉を文字通りに受け取って、勘違いをするのですが、 その言葉の本当の意味が分からないんですよね~;;
分かったときはおもしろいのですが、分からないときはそれがストレスになるときもあります。
日本語でいうと、「切る」と「着る」とか「橋」と「端」とかそんな間違えでしょうか・・・。

Ameliaが身近な出来事で勘違いをする話は、それでもわりと分かったのですが、Ameliaが市長選に出馬するこの本はとりわけ難しかったです。

(この本、以前友達にお借りして、一度読んだことがあったのですが、よく分かりませんでした;;もう一度再挑戦したのですが、やっぱり難しかったです;;)

Rose Queen (Missing Persons#1)

2007
06/02
*Sat*
Category:YA
0142500410The Rose Queen (Missing Persons)
M. E. Rabb
Puffin 2004-06

by G-Tools
(総語数46,094語 YL5.5~6.2)

Sam(17才)とSophie(15才)の姉妹は、母親を亡くし父親と暮らしていたが、その父親も3日前に亡くなった。
父親の再婚相手は、父親の莫大な遺産をねらっており、Sophieを寄宿舎学校に入れ、二人の姉妹をばらばらにしようと企てていた。
ある日の夜、Samは、父の遺産とともにニューヨークから逃亡しようとSophieにもちかける。
友人に頼み、偽のIDを作成し、髪をそめ、出身地を偽り、二人は母親の出身地であるIndiana州にたどりつく。そして、Veniceでの新生活がスタートした。
そんな矢先に、Rose ParadeのRose QueenであるNoelleが行方不明に。
容疑がかかったSophieは、真相を確かめるために、事件を解決しようとのりだした・・・。


プロフィール

 りあ

Author: りあ
*3年生と年長の娘
ダンナさまの4人家族
*フルタイムで働く母です。

英語は大の苦手だったのですが、下の娘の育児休暇中に何気なく始めた多読にはまってしまい、現在に至ります。
超多忙な生活になったために、現在は、自由に好きなだけ本を読むことはできておりません;;
隙間時間の達人目指して、多読もブログも細々と続けられたらな~と思っております。

05.12/1 多読開始
06.3/23 50万語通過
06.6/21 100万語通過!
06.9/29 200万語通過
06.12/26 300万語通過
07.3/9  400万語通過
07.9/17 500万語通過
08.4/5 550万語通過
09.8/27 600万語通過
10.9/1 650万語通過

10.9/1現在 6,510,942語
(遅々たるものです;;)



Archive Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



Tree-Comment



最近のトラックバック



フリーエリア



フリーエリア



おすすめブログ

このサイトを登録 by BlogPeople



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



懸賞・小遣い ちょびリッチ





Copyright © ほんわか多読生活 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。