02
2
4
5
6
8
11
13
14
17
19
20
23
24
27
<< >>

This Archive : 2007年02月

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rainbow Magic#1~#7

2007
02/28
*Wed*
Category:児童書YL2
1843620162Ruby the Red Fairy (Rainbow Magic)
Daisy Meadows Georgie Ripper
Orchard Books 2003-05-29

by G-Tools
(総語数4,000語 YL2.5~3.5)

タドキストの皆さんにも人気のRainbow Magicシリーズ。
RachelとKirstyが、JackFrostの呪いによって白黒の世界にされたFairylandを救うために、7つの虹の色をつかさどる7人の妖精たちをさがす冒険ファンタジー物語。

友達のおかげで、1巻から7巻までついに読むことができました!
スポンサーサイト

Harry Potter and The Prisoner of Azkaban

2007
02/26
*Mon*
0439136369Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (US) (Paper) (3)
J. K. Rowling
Arthur a Levine 2001-09-11

by G-Tools
(総語数107,253語 YL6.0~YL7.0 書評7.5)

読んだーーー!!
読みきりましたーーーーHarry Potter第3巻!!!

最後の100ページはやめるにやめれなくなって一気読み。
最後の方はどのページも読み落としたくないあまり、くいいるように読んでしまいました。
おかげでとっても寝不足ですが、それでも読みきった後は、爽快な気持ちになれました^^

10万語以上の本は初めてだったのですが、今回も朗読CDを活用し、音に助けてもらいながらだいたい1週間で読了してしまいました。
大満足です!!

Little Witchシリーズ

2007
02/25
*Sun*
Category:児童書YL1
0679887385Little Witch Goes to School (Step-Into-Reading, Step 3)
Deborah Hautzig Sylvie Wickstrom
Random House Childrens Books 1998-07

by G-Tools
(総語数1,299語 YL1.2~1.6)

ハリー・ポッターを少しでも読みやすくするために、やさしい魔法使いものはないかなーと思ったら、うちにこの本がありました!
Little Witchシリーズです。

「ちょびリッチ」でギフト券Get!!

2007
02/22
*Thu*
Category:お得情報?
「ちょびリッチ」で毎日毎日クリックしていたら、ようやく1,000ポイントに到達し、ついに
Amazonギフト券500円分Getしました!!!
換金もすぐにできて、即行ギフト券を発行してもらい、それで早速お買い物してしまいました(笑)
毎日毎日クリックするだけでも、本当にちりも積もれば~ですね^^
無料にひかれて登録した前回の記事はこちら。)

「ちょびリッチ」を経由して、特に大きな買い物をしたことはなかったのですが、それでもだいたい3ヶ月半あったら、なんとかなるようです。
あ、でも今回は最初に200ポイント入っていたので、割と早くたまったのかもしれませんが、だいたい4ヶ月~4ヶ月半くらいあれば、なんとかなるかもしれません。
ただし、毎日ありとあらゆるところをクリックしまくりました。
(「更新」をおしたらサイトもかわるので、それも利用しました^^)
無料ゲームも毎日しました。ビンゴなんてあたればものすごいポイントになりますが、1回しかまだあたったことないですね;;
メルマガもとって、おみくじメールなんかもしたかなぁ;;これが結構高ポイントで、10ポイントが何回かあたりました(笑)
もちろん、「紀伊国屋Bookweb」や「楽天Books」でお買い物をしたらもっとポイントがたまります。
どうせ毎日ネットをたちあげていたので、日々日課にしていたわけですが、でも、我ながらよく毎日クリックしたなぁと思ってしまいました(笑)これも多読のため??


興味がある方はこちらからどうぞ↓(*^_^*)
懸賞・小遣い ちょびリッチ

Uncle Jed's Barbershop

2007
02/21
*Wed*
Category:絵本YL1
0689819137Uncle Jed's Barbershop (Aladdin Picture Books)
Margaree King Mitchell James Ransome
Aladdin Paperbacks 1998-01

by G-Tools
(総語数965語 YL1.5くらいかな? 書評YL2.7)

20世紀初頭ごろのアメリカ南部のお話です。

Uncle Jedは、お金をためて床屋さんをひらくのが夢でした。
しかし、病院では白人と黒人では部屋をわけられるなど人種差別が大変激しい時代。
黒人は小作人として働かなければならず、とても貧しい生活を強いられていました。
そして、世界恐慌。

辛く苦しかっただろうこの時代の中、Uncle Jedはいつも明るく前向きで、希望をすてないで夢を持ち続けました。
その姿がとても感動的でした。

20世紀初頭といえば、American Girlsの1904年Smanthaシリーズを思い出しました。
Smanthaのお話は、この時代より少し前になるのでしょうか。
この頃にこんな差別があったのか・・・といろいろ考えさせられました。

この作品は、Coretta Scott King Award(アフリカ系アメリカ人によるすぐれた作品に授与される)受賞作品だそうです。

いろんな皆さんのブログに書かれていて読んでみたいなと思っておりましたが、自分の中でとても心に残る絵本になりました。

Matilda

2007
02/18
*Sun*
0141301066Matilda (Puffin Novels)
Roald Dahl Quentin Blake
Puffin 1998-06

by G-Tools
(総語数39,785語 YL5.0~6.0 書評6.5)

一度投げたことのあるDahlの「Matilda」。
ついに読了できました!

子どもの言語獲得

2007
02/16
*Fri*
Category:多読な日々
4歳の娘がお手紙を書きたいというので、鉛筆と紙を渡したら、なんとそれまで文を書いたことがない娘が文章を書いておりびっくりしました(@@)
今まで字は書いたことはあったけど、それも「あ」とか「か」とかレベル。
何も教えていないのに、文も書けるようになるんですねーーー(汗)

そういえば、本を読めるようになったのも急なことでした。
それまで「ひらがなカード」で遊んだり絵本の読み聞かせをしたりしていただけなのに、ある日突然、本を一人で声に出して読んでいて、これまたびっくりしました(^^;)
子どもってすごい。

そうそう、話すときも割と急でした。
単語がでてきて二語文がでてきて、
2歳ごろはちぐはぐな幼児語がまざっていましたが、
3歳ごろには急に文になってましたよね~;;
ときどき変な答えがかえってきていましたが、いい直しをしたり指差しで教えたり絵本を読み聞かせしたりしているうちに、気づいたら対等に話せるようになってました。
4歳の子っていえば、もう大人と普通に会話ができます。
(もちろん高度な話はできませんが。)
ナチュラルスピードで話しても十分答えが返ってくるし、ときにはなまいきな答えも。
私もこのくらいのレベルでいいので、英語を話せるようになったらいいのになーとつくづく思ってしまいます(^^;)

娘を見ている限り、「話す」だけに限ったら、だいたい3年~4年間で日本語が確立されたようでした。
これからは、いろんな経験をもとに語彙を増やしていくのでしょうね。
私も4年間英語を多読&多聴でインプットしつづけたらたら、こうなるんでしょうかね~(汗)

「多聴多読マガジン vol.1 」で、酒井先生が樽のたとえをされていましたが、まさに子どもの言語獲得は、そんな感じでした。
「聞く」→「話す」→「読む」→「書く」の順番で、ある日あふれるようにでてきてびっくりすることばかり。

現在1歳半の下の娘は、日本語単語レベル「わんわん」「だっこ」状態なので、「まだ私の英語の方が勝った~!」って感じですが、ある日突然、あっという間に追い抜かれるのでしょうね。

私も「いくらでもあふれ出る」日がきたらいいのになーって思ってしまいました。

Gun Lake Gang Adventure

2007
02/15
*Thu*
Category:児童書YL4
0965807509The Barn at Gun Lake (Tuitel, Johnnie, Gun Lake Gang Adventure Series, Bk. 1.)
Sharon Lamson Johnnie Tuitel Eduardo Pilande
Cedar Tree Pub 1997-06

by G-Tools
(総語数17,460語 YL4.0~5.0 1巻)

Johnnieは生まれつきの脳性麻痺で車椅子生活を送っています。
カルフォルニアからミシガンに引っ越してきたJohnnieは、近所の仲間たちで構成されているGun Lake Gangに入るための儀式を行うことになります。
それは、無人のまま放置されている小屋に入って、証拠の品を持ってこないといけないというものでした。
ところがJohnnieが持ち帰ったのは新しいCDケースでした。(1巻)

The Secret Remedy Book

2007
02/12
*Mon*
Category:絵本YL2以上
0439352266The Secret Remedy Book: A Story of Comfort and Love (My Great-Great-Grandmother's Secret Remedy Book)
Karin Cates Wendy Anderson Halperin
Orchard Books 2003-06

by G-Tools
(総語数1,091語 YL2くらい)

とまと☆ままさんのページで見て、ずっと読んでみたいなと思っていました!

Lollyの家族は、毎年お休みにはZepおばさんのところに泊まりにいきます。おばさんのうちは、ペットのうさぎや秘密の屋根裏部屋などわくわくする楽しいことがいっぱい。
ある夏休み、ついに1か月間一人でお泊りすることになったLolly。
はじめはその日を心待ちにしていましたが、いざ家族の車が行ってしまうと、とたんにさびしくなって泣き出してしまいました・・・。

そんなLollyを見たZepおばさんが、屋根裏部屋に隠されていたThe Secret Remedy Bookを見つけ出し、二人でその本を実行することにします。
その本には、7つのRemedyが・・・!
さて、どんなことが隠されているのでしょうか?



Harry Potter and the Chamber of Secrets DVD

2007
02/10
*Sat*
Category:多読な日々
ハリー・ポッターと秘密の部屋

おさらい?をかねて、「ハリーポッターと秘密の部屋」のDVDを最後まで見てみました!
映像っておもしろーーい。
へーー こんな風にあらわすのね~
なんて思ってしまいました。
想像と違っていたのが、「嘆きのマートル」でした(笑)

原書では、1章くらいあるところが3分くらいの場面もあって、映画を作る人もキーワード部分を壊さないように上手に時間内に作っているなーって思ってしまいました。
対決の部分は、途中過程は分かりにくかったので、なるほどと思いました。

だいたいの読みはあたっていて、よかったーと思ったのですが、やっぱり読み落としている部分もありました。
単語ひとつ読み落としただけで、雰囲気がかわってくるから、原書はやっぱり怖いです。
こんな難しい単語類がだいたい理解できる日が、本当にくるんでしょうか~(^^;)
語数が解決するならばいいなぁ。

手短におさらいするにはDVDはぴったりでした!
断片的に理解していたのがこれでつながって、よかったなーって思います^^

Harry Potter and the Chamber of Secrets

2007
02/09
*Fri*
0439064872Harry Potter and the Chamber of Secrets (US) (Paper) (2)
J. K. Rowling Mary GrandPre
Scholastic Paperbacks 2000-08-15

by G-Tools
(総語数85,141語 YL6.0~7.0)

ハリー・ポッターの第2巻です。
暇なうちに読んじゃえ~ということで、キリン続きだったのですが、2巻も読了してしまいました。
最後の3分の1は続きが気になって、もう一気読み状態。
「はぁ~。」「そうだったのね~~。」 
と、あれこれ謎めいていたことが解決していくさまは感動ものでした。
1巻でだいたいパターンが分かっていたので、
「どこが複線なんだー。」「読み落とさないようにしなければー。」
と必死になって読む分後半かなり疲れてしまい、ラストは結末くらいしか分からなかったけれど、それでもかなり楽しく読むことができました!

だけど、今回も日本語訳を読んだことがなかったし、映画も知らなかったので、いろいろなものを携えて読みました(笑)

long night moon

2007
02/07
*Wed*
Category:絵本YL1
嘔吐下痢症にかかり、大変なことになっておりましたが、ようやく復活しました!!
一番かかりたくない病気なのに、毎年なぜか誰かからもらい必ずかかるんですよね(涙)子どもがよくかかるらしいけど、大人なのになぜなのでしょう(;;)今回は比較的かるかったので、復活も早くてよかったですが・・・やっぱり病気はいやなものです。
一人ぐらしの嘔吐も辛かったけど、小さな子もちでの嘔吐もかなり辛いものがありました;;家族がうつってないことを祈るばかりです。。。

ということで、病み上がりの1冊。

0689854269Long Night Moon
Cynthia Rylant Mark Siegel
Simon & Schuster (Juv) 2004-12

by G-Tools
(総語数309語 YL1.2)

すいかちゃんの記事を見て、ずっと読んでみたいな~と思っていました。
とっても素敵な絵本で、も~うっとり
Cynthia Rylantさんの文も素敵ですが、中の絵もと~っても素敵で、癒されました♪
どの月の絵も部屋に飾っておきたいくらい素敵でした。

絵本を見ると本当に癒されますよね~
元気をもらえました~

あ~~復活してよかったです(*^_^*)

The Stories Julian Tells

2007
02/03
*Sat*
Category:児童書YL2
0394828925The Stories Julian Tells (Stepping Stone Chapter Books (Paperback))
Ann Cameron Ann Strugnell
Random House Childrens Books (J) 1989-01

by G-Tools
(総語数6,006語 YL2.5~3.5)

先日、すいかちゃんの記事を読んで、そういえば私もスカラで以前購入して持っていたなぁと思って読みました!
私が持っているお話の表紙は、こちらでした。
The Stories Julian Tells

6編のお話がありましたが、
すっごくよかったです~~!!

「Amazonポイント」サービス

2007
02/01
*Thu*
Category:多読な日々
今日からAmazonでポイントサービスが始まるみたいですね。
Amazon.co.jp でのお買い物に1ポイント=1円で使うことができるとのこと。
あーーもっと早くからあったら、かなりAmazonでお買い物していたのに~って思ってしまいました。
とっても残念です;;

でも、ウィッシュリストには何が何だか分からないくらいたくさんの作品が。
これからもAmazonにたくさん貢献しそうな予感はしています。(^^;;)

読んでも読んでも皆さんのブログを見ていたら読んでみたい本がどんどん増えていくんですよね。そして、未読本はたまっていってとんでもないことに。。。
最近は未聴Podcastも増えちゃってもう大変状態です。

時間がたくさんほしい今日この頃です;;


プロフィール

 りあ

Author: りあ
*3年生と年長の娘
ダンナさまの4人家族
*フルタイムで働く母です。

英語は大の苦手だったのですが、下の娘の育児休暇中に何気なく始めた多読にはまってしまい、現在に至ります。
超多忙な生活になったために、現在は、自由に好きなだけ本を読むことはできておりません;;
隙間時間の達人目指して、多読もブログも細々と続けられたらな~と思っております。

05.12/1 多読開始
06.3/23 50万語通過
06.6/21 100万語通過!
06.9/29 200万語通過
06.12/26 300万語通過
07.3/9  400万語通過
07.9/17 500万語通過
08.4/5 550万語通過
09.8/27 600万語通過
10.9/1 650万語通過

10.9/1現在 6,510,942語
(遅々たるものです;;)



Archive Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



カテゴリー



Tree-Comment



最近のトラックバック



フリーエリア



フリーエリア



おすすめブログ

このサイトを登録 by BlogPeople



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



懸賞・小遣い ちょびリッチ





Copyright © ほんわか多読生活 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。